学校関係者の皆様へ

DSC04802昨年の国会で「公職選挙法改正案」が改正され、今年夏から選挙年齢が18歳に引き下げらました。これまで投票の権利を持っていなかった18歳、19歳が新たに有権者となります。

一方、各種選挙の投票率は軒並み低下の一途を辿っており、年代が下がるにつれて投票率も低くなっています。また、国政選挙に比べて、本来私たちの生活に身近であるはずの地方議会議員選挙の投票率が低い傾向にあります。

こうした状況の中、当法人では発足依頼16年にわたって地方議会議員へのインターンシップ事業を展開してきた実績を生かし、「明日の有権者」といえる高校生世代を対象とした新たな企画を実施致します。より多くの生徒の皆様に本企画にご参加いただき、政治関心の向上や成長のきっかけとしていただくことを期待しています。

kitai

 

 

  • 政治関心・学びの意欲向上

教科書上のものでしかなかった「議会」「民主主義」「地方自治」といった言葉を実際の現場で体感することにより、政治関心の向上、学びへの意欲向上が期待されます。

  • 社会常識・マナーの習得

年齢や立場の異なる人間との接触を通じ、言葉遣いやマナー・礼儀作法等を学ぶことができます。

  • AO入試、推薦入試での活用

議員インターンシップを経験した高校生というのは全国を探しても数えるほどしかいません。そのため、AO入試や推薦入試を目指す生徒にとって、大変貴重な経験となります。

  • 貴校の知名度向上

高校生のみを対象とした議員インターンシップ企画は本法人としては初の試みであり、全国的に見てもほとんど例がありません。このため、マスコミ等からの取材が予想されており、学校単位でお取り組み頂ければ貴校の知名度向上にもつなげることができます。

 

  •  ご協力のお願い

募集ポスター掲示・募集チラシの設置

本企画の募集ポスターを校内の掲示板などにご掲示ください。また、募集チラシを用意いたしますので、生徒の皆様が自由に持ち帰れる場所に設置ください。

募集チラシデータ ダウンロード(PDFファイル・1.85MB)

授業内などでの周知

授業内、またホームルームなどの場を利用して、ご担当の先生から直接生徒の皆様へお伝えください。直接先生から本企画への参加を促して頂くことで、生徒の参加率も大きくアップするものと思います。